わたしたちのインプラント
ライフスタイルに合わせた提案
インプラント治療
希望や症状に合わせて

日本国内で80万人以上がインプラントを受けたと言われておりますが、似たような外科処置である抜歯と比べるとはるかに少ない数です。ご自身のまわりで経験者が少ないと思いますので、知らないことへの恐怖は多いはずです。ましてや、外科処置が必ず必要になるので知識や技術、経験の差が大きいのではないかと不安に思うのは当然でしょう。
とはいっても、失った歯を補う方法として、健康な歯を失わずにできる唯一の治療法です。安心・安全を担保した状態でのインプラントが大切です。
また、最近ではインプラント治療とひとことに言っても、さまざまな治療法が確立されています。
そして、患者さんの希望もさまざまです。
「一日で歯が入るようにしてほしい。」
「総入れ歯をインプラントに変えてほしい。」
「骨が少ないと言われたがインプラントにしてほしい。」
「無痛治療にしてほしい。」
などなど、
インプラント治療を希望する患者さんが増えている中、患者さんニーズも多様化しています。
くが歯科医院では、スタンダードなインプラント治療から患者さんが希望する知識や技術、経験が必要なインプラント治療にも対応しています。
また、セカンドオピニオンとしても機能しています。他医院で断られてしまった患者さんでも私たちが解決の糸口を見いだせるかもしれません。
お困り事がありましたら、一度ご相談に来てください。

骨が少ない方
大丈夫です
骨移植や骨造成を回避して安全・確実に
グラフトレスインプラント治療とは、従来であれば骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされていた症例において、短いインプラント(ショートインプラント)や傾斜埋入、オールオンフォーなどによって通常のインプラント治療と同様に治療を進めていくことが可能な最新のインプラント治療法です。
症例によっては、どうしても骨移植や骨造成が必要となる場合もありますが、骨移植・骨造成の場合は、口腔内外から骨を採取、もしくは移植手術が必要になるため、身体的負担や経済的負担が大きく影響されます。
hone_1
インプラントの傾斜埋入
傾斜埋入とは、インプラントを真っ直ぐ埋入できる骨の量が不足している時に、CT、レントゲン写真から得た情報により、骨がある部分を正確に把握し、斜めにインプラントを埋入する手術方法です。もともとあった骨に埋入するので、初期の安定性も良く、治療のストレスや待ち時間が短くて済みます。また、経済的負担も解消できます。
hone_2
ショートインプラント
治療する歯の位置によっては、インプラントを埋入する高さ、幅が十分にとれないことがあります。その場合、通常は、骨量を増やす“骨移植”が必要になります。これは外科的な手術で、骨移植後の経過を見てインプラント治療に入るため、治療期間も長くなり、結果的に患者さんに負担を与えてしまいます。
ショートインプラントは、骨移植をせずにインプラント治療が可能です。より高度な治療技術が必要になりますが、短くても優れた固定機能を発揮します。 骨移植のリスクや経済的負担がないことが大きな魅力です。少しでも患者さんの負担を軽減する治療が望ましいと考えています。
hone_3
最新の骨再生療法について
上顎洞挙上術(サイナスリフト法)
上顎に小さな窓をあけて、骨のもととなる安全な人工骨補填材料を注入します。
約6ヶ月ほど待ち、インプラントの埋入手術をおこないます。
上顎洞挙上術(ソケットリフト法)
上顎の骨量が約5mm程度であればインプラント埋入と同時に、人工骨補填材料を同時に注入する方法です。
通常のインプラント治療より約2ヶ月程度期間を待つ必要があります。
特徴としては他の骨再生療法に比べ、外科的侵襲が少ないことです。
これらの治療方法は、GBR法(Guided Bone Regeneration)といわれるものです。
生体の治癒にのった 期間が必要となります。
pic_socket-lift_03
総入れ歯の方
ストレスから解放されましょう
入れ歯から固定式の歯へ
総入れ歯の患者さまから、「よく噛めない」、「うまくしゃべれない」「大きな笑顔で笑えない」など様々なご不満をよくお聞きします。総入れ歯の患者さまにとってインプラント治療をするメリットは大変大きなものですが、従来の方法では多くのインプラントが必要となり、手術回数が多く長い治療期間が必要となります。
しかも、長期間総入れ歯で過ごしてきた方は顎の骨が吸収されて、痩せてしまっておりますので、骨造成(骨を増やす治療法)が必要となり、費用も高額となってしまいます。くが歯科医院で総入れ歯の患者さま、残っている歯がわずかな方におすすめする最新のインプラント治療が「All-on-4(オールオン4)」です。
All-On-4
ALL-ON-4(オールオン4) 1日で歯が入るインプラント治療
歯が1本も残っていない場合、残っている歯がわずかな場合これまでは総入れ歯、大きい入れ歯か数多くの本数のインプラントを入れるという治療法でした。それでは経済的、心体的な負担が大きく、治療期間も大変長いものになっておりました。
最新のインプラント治療「All-on-4(オールオン4)」は、「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」を用いて、片顎につき最低4本のインプラントですべての歯を補います。手術をした当日に仮歯を装着することができ、その日の夕食から食事も可能です。
All-On-4_5
サージカルテンプレートで安全・確実なインプラント手術
CTスキャンデータを用いて、3Dシミュレーションソフト上でインプラントの埋め入れ位置を設計いたします。その設計データをもとにインプラント埋め入れガイド「サージカルテンプレート」を作製いたします。このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されております。
手術はこのサージカルテンプレートを歯肉に装着し、歯肉の一部分に小さな穴を開けて行う「無切開・無剥離で行うフラップレスインプラント術式」です。ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋め入れるため、傷を最小限に抑えることができます。術後の腫れや痛みを抑えることができ、回復も早まります。
NobelGuide_treatment_500_tcm261-32093

健康と歯は、合わせ鏡

痛い治療が苦手な方
あらゆる希望にお応えできるように
痛くないインプラント治療とは
患者さまの歯科治療に対するイメージは、「痛い、恐ろしい」などと、良いものはあまりありません。この点に関して、当医院は、あらゆる局面において痛みをなくすように努力しています。
薬剤鎮静法は、吸入麻酔薬や、鎮静薬を投与し、その薬効により鎮静を得る方法です。特に、静脈内鎮静法は、点滴をし患者さまと会話しながら、安全に確認しながらかけてゆきます。手術が終わったころ、朝のめざめのような気分です。恐怖心の強い方などには、おすすめの方法です。当医院では、麻酔科でトレーニングを受けた医師や、麻酔認定医が担当いたします。
DSC_0276
静脈内鎮静法について
静脈内鎮静法は、患者様の精神的緊張や手術に関する恐怖感・不安感を和らげます。当クリニックでは、麻酔専門医が点滴をとり、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。これによりインプラント手術に対する 不安や痛みなどの精神的・身体的ストレスを無くすことが出来ます。
静脈内鎮静法ってどんな状態?
血圧や呼吸を監視しながら、点滴から少しずつお薬を入れます。 数分してお薬が効いてくると眠くなります。全身麻酔のように意識がなくなることはありません。「お口を開けてください」といったこちらからのお願いにも応じることができ、会話をすることも可能です。感じ方はそれぞれですが、うたた寝をしているような感覚です。
どんな効果があるの?
    1. 不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
      1. 血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。
        1. 健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声が聞かれることも少なくありません 。
          1. 通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。
aging
金属アレルギーがある方
あきらめないでください
ジルコニアインプラント
インプラント治療を希望する患者さんが増えている中、患者さんニーズも多様化しています。
くが歯科医院では、スタンダードなインプラント治療から患者さんが希望する知識や技術、経験が必要なインプラント治療にも対応しています。
今日、主にチタンの歯科インプラントが提供されていますが、アレルギー性に関して様々な多くの問題が報告されてきています。 多くの方々が、チタンを避ける選択肢を探しています。
ジルコニアインプラントは金属を使用していないため、金属アレルギーを持っている方にも安心して使っていただける最新インプラントです。
ジルコニアインプラントはまさに理想的な治療法です。
くわしくはこちらから
imp5
日ごろのお手入れ
生涯にわたって快適な生活を持続するために
メンテナンスの大切さ
生涯にわたって快適な生活を持続するために、
毎日のお手入れを必ず欠かさず行って下さい。

そしてもう一つ重要なのが、定期健診です。
mente_1インプラントは材質的に100%虫歯になる心配はありません。
そういった点では天然の歯より安心できるかもしれません。しかし、残念なことに途中で使えなくなってしまうケースがあります。最も多い原因は、歯周病です。歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。
ですから、たとえインプラントといえど、手入れの仕方が悪ければ除去しなければならない可能性もあるわけです。
せっかく手に入れた新しい歯。その寿命は天然歯同様、ご自身に委ねられる部分が大きいのです。
ご自宅の歯磨きではすみずみまできちんと磨いているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ、プラーク(歯垢)が溜まってしまうものです。そんな磨き残しを取り除くため、当院に定期的に来院していただき、プロフェッショナルケアを受けていただきます。さらに、これに加え、インプラントや歯肉の状態、噛み合わせなどのチェックなども定期的に検診します。それがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。
treat1