インプラントについて
毎日が噛むヨロコビ
インプラントとは
まずは理解してみましょう
インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
インプラント治療を行うことで、治療後の噛む機能が正しく改善されると思います。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。
人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものです。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。
又、インプラントにする一番のメリットは残存している歯に支持を求めない事です。義歯やブリッジでの治療法は、支えとなっている歯を経年的に歯周病やむし歯に罹患させてしまいます。
imp_1
インプラントの理由
まずは理解してみましょう
いmp1
現在、インプラント治療ではまず、100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。その上に差し歯の要領で歯を作ってゆきます。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。
人間の歯には、毎日とても大きな力が加えられています。お食事のとき、運動をするときなど、日常生活の中で歯は身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。何らかの原因で歯を抜くことになってしまった場合、インプラント治療が確立する最近まで、それらの大きな力を支える代替は、残っている他の歯に頼るしか方法がありませんでした。
しかし、それだけの力を他の歯で補うのは、リスクも多く、最終的にはその他の歯も失うという結果になってしまった、という経験を持っている方も多くいることでしょう。インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に侵襲を加えることはありません。
そして、しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。ただ、普通の歯科治療と異なり、人工の根(インプラント体)をあごの骨に埋め込むことが必要となりますので、きちんとした知識と技術を持ち、設備もしっかりとした当院にお任せ下さい。
インプラントが適さない方
まずは理解してみましょう
顎の骨の量が少ない方
インプラント治療は、歯茎の下の顎の骨に直接インプラント体を埋め込む手術を行います。そのため、顎の骨の量が少ない方は、骨造成や骨移植などの処置を併用しなければならない場合があります。
ご相談下さい。
妊娠中の方
術後の投薬や、レントゲン撮影を避けたい場合には、出産後の落ち着いた時期にインプラント治療をした方がよいでしょう。
全身疾患のある方
出血を伴う処置もありますので、糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態にコントロールされていることが条件になります。その他、全身的なご病気がある場合にはかかりつけの医師と相談の上、ト治療を考える必要があります。
喫煙される方
喫煙は歯周病だけでなく、インプラント治療にとっても大敵です。喫煙による血管収縮作用によって、口の中の粘膜内の血流が阻害され、組織全体の免疫力が下がります。
従ってインプラント治療直後の傷の治りが悪かったり、歯周病が治らない、インプラント周囲炎になってしまうなど、インプラント治療の失敗につながる悪影響がたくさんあります。もちろん、残っているご自分の歯を少しでも長く使っていくためにも、タバコを吸われている方はこれを機に、是非とも節煙、禁煙を心がけましょう!
大きな虫歯や根の病気がある方、歯周病の方
インプラント治療に悪影響を及ぼす可能性がある他の歯の病気がある場合には、その歯の治療を優先する場合があります。
インプラントは骨に支えられるため、骨が吸収する病気である歯周病は大敵です。もちろん、虫歯になる心配はありませんが、周囲に歯周病の歯が処置されないままになっていたり、インプラントの周囲に汚れが溜まればインプラント周囲炎という病気になり、インプラント治療は失敗してしまいます。
ですから、インプラント治療を受ける際には、歯周病のチェックや治療を受け、日頃からきちんとした歯磨きを心がけましょう。
もちろん、残っているご自分の歯を少しでも長く使っていくためにも、日頃の清掃は最重要ポイントです!
以下の方はインプラント治療ができません
  • 顎の骨の成長が終わっていない年齢の方、概ね16歳以下の方
  • 歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方
  • チタンへのアレルギーを持っている方
  • アルコール依存症の方
  • 歯科医師と意思疎通ができない方、精神的に問題のある方
インプラント治療の流れ
安心・安全で確実な治療をするために
カウンセリング・口腔内検査
まず、インプラント治療のご説明をさせて頂きます。
そして現在の症状・治療に関するご要望をお聞きし治療計画を立てます。
まずは、インプラント治療に関するご説明とご要望をお聞き致します。歯ぐきの状態や、咬み合わせの診査をして、インプラントの適切なサイズや埋め込む位置を検討します。この時重要なのが、歯を失ってしまった原因です。
歯を失った原因があるわけですから、歯周病や虫歯、咬み合わせの問題などが残っていれば、インプラント治療を始める前に必要な治療も治療計画に含める必要が出てきます。
flow1
レントゲン・CT撮影 / 検査
インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査します。
口の中全体や、部分的な小さいレントゲン撮影、またCT撮影などを行います。インプラントを予定している部分だけでなく、周囲の歯の状態や、歯周病の状態もチェックします。更に、シュミレーションソフト「ノーベルガイド」を使って、インプラントのサイズ(直径、長さ)、埋入位置、埋入方向などを3次元的に検討しオペシュミレーションをいたします。
flow2
全身状態の確認
高血圧や糖尿病、その他の持病のある方、常用薬のある方などは、
歯科医師へ申し出てください。
例えば、通常インプラントはそれほど侵襲の大きな処置ではありませんが、
血が出る処置を含みますので、
血の固まりにくいお薬を飲んでいる方などは中止しています。
flow3
治療計画の立案・お見積り作成
診査・診断の結果をもとに、必要なインプラント埋入本数・治療にかかる期間・骨造成の必要性など最善の治療計画をご提示し、それに伴う費用のご説明をさせていただきます。
これにより、ご納得されたら、治療をすすめてまいります。
治療計画の内容
歯を失ってしまった原因
口腔内の状態
全身的疾患の有無
生活習慣(喫煙・飲酒・ブラッシング)
アレルギーの有無
欠損部の骨の状態咬み合わせ・歯並びの状態
インプラント術式および上部構造の設計、 インプラント治療費について
1回法 or 2回法
抜歯即時埋入 or 抜歯待時埋入
切開・剥離 or 無切開
無剥離・骨造成(グラフト) or グラフトレス
即時荷重 or 待時荷重
flow7
インプラント治療前処置
インプラント治療の前に、お口の中のプラークコントロールの徹底と、
歯周病・虫歯のある方は処置を行います。
この過程は、とても大切な処置であり、特に、歯周病のある方に関しては、インプラント治療の成功率を上げるためと、長期にわたりインプラントが健全にお口のなかに存在するために、徹底して改善を図ります。
treat1
インプラントオペ
感染防止のため、すべて完全滅菌された器具を使用し、
手術環境の整備された環境にて手術をおこないます。
歯の根に相当するインプラント部品(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。手術には一回法と二回法があり、どちらを選択するかは、お口の中の状態で判断いたします。局所麻酔や静脈内鎮静法を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。
flow4
上部構造の装着
製作された歯を実際にお口に入れる行程です。
手術にて、顎骨の中に埋め込まれたフィクスチャー(インプラント体)が、骨と結合(オッセオインテグレーション)したら、インプラント体に人工歯(上部構造)を装着し、お口の中で本物の歯と同じような感覚で食事をすることができるようになります。手術状況にもよりますが、手術をしてから上部構造装着までの期間は3〜6か月です。これで、インプラントの治療は終了となります。
flow5
メインテナンス
インプラントは治療後のメンテナンスが重要です。
治療が終わった後は、まず1週間後に定期検査をいたします。その後は1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後に定期検査をいたします。お口の清掃状態、かみ合わせのチェック、ネジのゆるみなどを細かく診査し、お口の健康を維持して参ります。
nagare_7
よくある質問
不安を一掃すべく誠心誠意接してまいります
治療を一生懸命行うことはあたりまえです。私たちくが歯科医院では、歯科医療にはハード面、ソフト面2つの側面から取り組むことが大切だと認識しております。
ハード面とは物理的な治療や技術、そして世界基準の設備です。日ごろから選りすぐりの最前線の治療を学び取り込んでいます。
ソフト面とは患者さんの不安や歯のトラブルを抱え込んでしまった負の意識や不安を一掃すべく、会話を大切にし、予防を心がけることで開放してあげる意識改善です。
是非、私たちと一緒にがんばって健康で美しく、充実した生活を送りましょう。

インプラントはどのようなものでできていますか?

現在使用されているインプラントは、主にチタンで出来ています。チタンは体内に入れても拒否反応を起こしにくいため、整形外科領域でも、骨折後の固定プレートや人工関節に使用されています。
またチタンは骨と結合する性質があります。そのためインプラントがあごの骨としっかりと結合すると自分の歯以上に力を発揮します。
インプラントはチタンが使われるようになってからは、治療成績が飛躍的に向上しました。

自分の歯と同じように噛んだり食べたりすることが出来ますか?

インプラントは神経が通っていない人工物のため、はじめは自分の歯と比べると若干違和感がありますが、慣れてくると自分の歯のように使えます。またインプラントに取り付ける人工の歯は、自分の歯を治療する材質と同じです。そのため食べたり、噛んだり、自然に笑ったりすることができます。
また、入れ歯がなかなか安定しなくて困っている場合では、入れ歯の支えにインプラントを数本取り入れるだけでも安定が良くなり、噛み応えがあり、食事をさらに楽しめるでしょう。

インプラントの寿命は?

高品質のインプラントを正しくあごの骨に入れた場合、インプラント自体が劣化することはありません。インプラントに問題が起きるのは次のケースの場合です。
1).骨に影響を与える全身的な病気になった場合
2).骨の老化現象
3).インプラント周辺の歯肉に炎症がみられそれを放置した場合
4).想定以上に強く咬んだ場合
5).固定されたネジがゆるんだのに放置した場合
6).自分の歯が悪くなったのに放置した場合
日々の手入れと定期的なメンテナンスが必要で大切に使えば数十年も使い続けることが可能です。

インプラント治療の成功率は?

インプラント治療が現在のような方法になってからまだ数十年ですが、その間にも材料の開発や臨床研究の成果により治療法は進化し続けており、インプラント治療は医療技術の中でも非常に成功率の高い治療です。
一般的に 10年以上インプラントが機能している成功率は96%です。

インプラント埋入に入院は必要ですか?

通常、入院の必要はありません。ただし、特に注意が必要な健康状態である場合は、入院設備のある大学病院などでの治療をお勧めすることがあります。

インプラント埋入手術に痛みはありますか?

局所麻酔を使いますので、手術中に痛みはほとんど感じません。しかし、麻酔が効きにくい、または手術に対する恐怖感が強い方には、静脈内鎮静法という方法との組み合わせをお勧めする場合もあります。
これは、薬の点滴により半分眠ったような状態にしてから手術を行う方法です。緊張しすぎると血圧が高くなりすぎたり、痛みを感じやすくなったりするのですが、この方法では、うとうとしている間に手術が終わるので、体への負担を少なくすることができるのです。

手術前後の生活で、注意が必要なことはありますか?

まず手術前ですが、当日の体調を万全にすることを心がけましょう。
手術した当日は、激しい運動、長いお風呂、飲酒は避けてください。痛みや腫れが強くなる可能性があります。また、タバコは傷の治りを悪くするため、しばらくは禁煙をお勧めします。
一般的に翌日から日常の生活に戻れますので、仕事を長期に休む必要はありません。

治療後はどのようなメンテナンスが必要になりますか?

日々の手入れは、歯ブラシや電動歯ブラシを使う通常の歯みがきが中心です。
ポイントは、歯と歯ぐきの境目です。
ここに汚れがたまると、「インプラント周囲炎」という「インプラントの歯周病」になってしまい、せっかく入れたインプラントをダメにしてしまいます。インプラントの周りの歯ぐきは抵抗力が弱いため、日々の丁寧な歯みがきが重要です。
また、歯科医院での定期検診とメンテナンスも必要です。
一般的には、3 ~ 6ヵ月に1回の頻度で、毎日の歯みがきでは取りきれない汚れの掃除や、噛み合わせのチェックするプロフェッショナルケアが必要があります。
もともと歯周病のあった方、タバコを吸う方、歯ぎしりの癖がある方は、特に注意が必要です。

インプラント治療は何歳から何歳までうけられますか?

あごの骨成長が終わる頃、一般的には男女共に18歳以降に治療可能とされています。 また、インプラント治療自体に年齢の上限はありません。
手術ができる健康状態の方、あごの骨に大きな問題のない方であれば、インプラント治療を受けることができます。

病気治療中にインプラント治療は受けられますか?

病気の状態と、飲んでいる薬の種類によります。服用している薬がある場合は、先生が必要に応じて病気の主治医と連絡をとり、連携して治療計画を立てていきます。 
そのほか、過去に大きな手術をしたことがある方や大病を患ったことがある方は、必ず事前に先生にご相談ください。
また、金属アレルギーがある方も申しでてください。

タバコのリスクはありますか?

長期的に見たインプラント成功率は、喫煙により低下するという報告があります。
タバコのニコチンが血行を悪くし、細菌への抵抗力も低下させることと関連があります。そのため、インプラントを長持ちさせるには、禁煙をおすすめします。
特に手術後は、傷を少しでも早く治すために手術前後1週間程度のの禁煙が必要です。

インプラント治療がうまくいかないこともありますか?

インプラントを骨に埋め込む手術は小さな手術ですが、リスクが全く無いわけではありません。レントゲン画像診断のめざましい進歩により、インプラント手術中の血管や神経への損傷は極めて少なくなりました。
しかし、非常にまれなことですが、レントゲンには映らないような小さな血管や神経の枝により、予想外の出血や唇のしびれが出ることがあります。その場合でも速やかに処置を行えば、ほとんど大きな問題となることはありませんので、もし帰宅後に痛みや出血が続くような異常が認められた場合は、遠慮せずにすぐ当院に連絡し、処置をすることが重要です。
また、骨や健康の状態が良くない場合は、インプラントが骨につかずに抜けてしまうこともあります。その場合は、状況によりインプラントを取り外す可能性があります。 しかし、このような場合でも状態が良くなれば、再度インプラントを入れることができますので、ご安心してご相談ください。